保護猫さくらとミンクの仲良し計画

ラパーマの保護猫達との日常、慢性腎不全の闘病記、そして私のヤバイ絵

家庭内別居の猫と夫婦!多頭飼いするなら隔離できる部屋を確保して!

こんにちは

猫の仲が悪くて困っているさくみんです!

 

我が家の猫、ミンクとさくらは保護猫です。2匹とも繁殖屋にいましたが、放棄され、そこからミンクは治験場、さくらは里親の元へ行きました。

その後、縁あって先にミンクが我が家へ来て、その約1年後にさくらが来ました。

きっと仲良くなるだろうと夢を見ていました。

現実はそううまくいかなかったのです。

多頭飼いになる前に、仲良くならなかったことを考え一応部屋は分けられるなと考えてはいましたが、本当に隔離することになるとはその時思っていませんでした。

仲良し多頭成功か……?いや、失敗だ……!というお話です。

 

 

家猫になると性格が変わる?

先住猫のミンク。

f:id:sorapupusakumin:20181227233131j:plain

保護猫カフェに約1年ミンクはいました。

その時のミンクは他の猫とは積極的には関わらず、知らない人も苦手でバックルームにずっといるような子でした。

バックルームでは、同じバックルーム派の猫と並んで寝てたりはしていたようです。

大人しく、他の猫とも遊ばない、おっとりした人見知りの猫。そんなイメージでした。

子猫が遊んでいてミンクの前に転がっていった時は猫ぱんちでどかしていたりはしましたが、どいたらそれで終わり。追いかけることもないし、うざかったんだなー程度でした。

それが、我が家に来てからはズダダダダとダッシュしまくり、膝上に乗せろとニャーニャー騒がしい猫になりました。

最初のイメージと違う!

それはそれでいいのですが、やはり他の猫とはあまり付き合わないイメージは持ったままでした。

 

2匹目のお迎え、さくらの時

f:id:sorapupusakumin:20181227103149j:plain

ミンクが来てから約1年後、さくらを我が家に迎えます。

ボランティアの預りさんの家から来たわけですが、預りさんの話ではさくらは自分から他の猫にちょっかいかけないとのこと。とくに大人の猫には。

子猫の遊び相手はしているので、繁殖屋にいた時もいいお母さんだったと思うとのことでした。

ミンクも保護猫カフェでは他の猫を避けるか、隣にいても気にしてない感じでしたので仲良くまではしなくても、お互い干渉せず穏やかに過ごしてくれると思っていたのです。

2匹目の時は最初は隔離して、お互いの存在を感じつつ徐々に会わせるのが基本です。

なので、仲良くなるにしてもならないにしても隔離用の部屋はあったほうがいいです。

しかし保護猫カフェの方と話し合い、2匹の性格も穏やかなので、まず会わせてみましょうということになりました。

初対面時、まったく威嚇しないミンク。

さくらには興味津々で、お尻のにおい嗅ぎたくて仕方ない様子。

さくらはミンクをあまり気にせず、それより新しい家の方が気になっていました。

最初は仲良くしてるように見えたのです。

 

f:id:sorapupusakumin:20181227103315j:plain


追いかけたり追いかけられたりと鬼ごっこのように遊んでました。

手が出ることはなく、近くまで行ったら交代!みたいな微笑ましい遊び方でした。

ミンクはさくらが気に入ったようで、後ろをついてまわったりして大好きオーラ全開でストーカーしていたのです。

しかし甘かった!

それが、いつの間にか2匹目に来たさくらが怯えるようになり、ミンクが一方的に追いかけるようになったのです。

 

ある日、昼間に自宅のWebカメラを見ていると、ちょうどさくらが起きてきたところでした。

キャットタワーから降りて水を飲んでいると……ミンクがお尻フリフリして追いかけ始めてしまいました!

逃げるさくら……

そしてさらにそのあと、さくらがトイレに行くと……ミンクがお尻フリフリしてまたさくらに襲いかかります。

襲うといっても、手が出ることはなく飛びかかるフリして手前で止まります。(たまに勢い余ってぶつかるけど)

手前で止まって「ビビった?ねぇ、ビビった?」という感じでさくらを挑発するのです。

最初は良かったのに、だんだんさくらは怯えるようになってきて、ミンクが近寄ると何かしてても途中でビックリして逃げてしまうようになりました。

これを見てもうダメだと判断しました。

水を飲むこともトイレに行くこともゆっくりできないなんて相当なストレスなんじゃないかと!

ゆっくりさせてあげたいですよね。

 

隔離する部屋は必要!

一緒の空間にいるのは可哀想すぎたので、我が家は隔離することにしました。

会わせる時は人がいる時だけで、さらにさくらの方からミンクスペースに来た時のみです。

とくにご飯、水飲み、トイレは邪魔させないようにミンクを見張っています。

さくらは怖くなると逃げるので、安全だと思う場所があるとストレスも軽減できているはずです。

そのためにも、合わない猫同士になってしまった時用の部屋は多頭飼いを考えた時に用意してあげてください。

しかし、さくらもミンクも寂しがるので人恋しくて鳴くことがあります。

それが家庭内別居の原因!

私はさくらに、旦那はミンクに付き添って家で過ごすことが多いです。

夫婦仲は良好だと思うんですが、猫の不仲に巻き込まれております(笑)

でもどちらの猫も疎かにできないとなるとこうなるしかないんですよ。

我が家ではケンカはありませんし、ミンクも威嚇するどころかさくらが好きで遊んでほしくて襲ってるのですが、さくらは怯えています。

f:id:sorapupusakumin:20181227233918j:plain


 

 

最後に

ケンカばかりの猫同士もあると思います。

合わない猫は合わないのです。

いくら初対面の時に気を付けても、我が家のように最初は仲良く見えても、合わないものは合わない!

多頭飼いになる時は隔離できる部屋を確保してからチャレンジしてください。

弱者の居場所を確保しないと、その猫は大変な生活を送ることになってしまいます。

どうしても分けられない場合は、高い場所に逃げ場所を作ればいいですが、なかなか降りられないというのも気の毒です。

 

会わせてみて仲良くなれば何も問題ないんですけどね!

私はまだ仲良くなることを諦めていませんが、さくらの様子を見つつ時間をかけてやっていこうと思っています。

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村