保護猫さくらとミンクの仲良し計画

ラパーマの保護猫達との日常、慢性腎不全の闘病記、そして私のヤバイ絵

猫の慢性腎不全とタンパク質(老廃物と良質なタンパク質)

こんにちは!

慢性腎不全ステージ3の子を抱えるさくみんです!

 

腎臓病・腎不全の子にはタンパク質、リン、ナトリウムを制限しましょう!とよく書かれています。

そもそもなぜタンパク質制限するの?というところから私は知識がありませんでした。

なので、私なりに調べたことメモ代わりとしてまとめていきます。

 

 

タンパク質を減らすのはなぜか

タンパク質は制限しまくればいいというものじゃない。

制限とは、必要最低限にして腎臓の負担は軽くしつつも、生きていくのに要る分はちゃんと食べてねってこと。

多い場合、タンパク質は老廃物となり、この老廃物を除去して排泄するのが腎臓の仕事。なので、老廃物多いと腎臓に負担をかけることになるそうです。

そしてこの老廃物は体から自然に出ていくことはなく、腎臓のみが除去し排泄できます。

腎臓のお仕事超重要!!

それなので、老廃物を作り出す食品を減らすためにタンパク質を減らしましょうと言われるのです。

しかしタンパク質は大切な3大栄養素のひとつ!

ただタンパク質を減らしたのではバランスが崩れてしまうため、生きていくのにエネルギー摂取も必要となります。

タンパク質を減らすことにより足りなくなったエネルギーを補うのは脂質と糖質。

手作り食を考えた時に難しいのはほんとにここでした。減ったタンパク質の分のカロリーどうしよう?って。

 

f:id:sorapupusakumin:20190115173415j:plain

 

カロリーを減らさずタンパク質を減らす

大切なのはカロリーをしっかり取ること。

タンパク質を減らす目的は老廃物を減らすこと。

タンパク質を減らしても、同時にカロリーも減ってしまうと体は自分自身のタンパク質(筋肉など)を分解して、不足したカロリーを補います。

この過程でも老廃物が出るので腎臓の負担は減らないのです。

むしろ悪循環?

もしご飯あまり食べれなくてカロリー取れないならタンパク質を減らさないほうが、体重も減らない分マシなのでは?と思いました。

ここは私の素人判断です。

なるべく老廃物が出ない食品をしっかり摂り、なおかつカロリーを確保すること。

そう考えると療法食のカロリーが高めなのは老廃物を出さないための対策でもあるんですね。

油系が原材料によく入ってます。

腎臓を患っていて食欲が衰えていない子は腎臓ケア系のご飯にすると太ると思います。

 

f:id:sorapupusakumin:20190115173451j:plain

 

老廃物と良質なタンパク

老廃物を少なくしろとか良質なタンパク質とかなんだよって思いました。

良質なタンパク質という言葉は腎臓ケア関係なくキャットフードの宣伝文句で聞きますよね。

老廃物が少ない食品

脂質と糖質です。

油・砂糖・はちみつ・春雨・くず・ぐすきり・片栗粉など。

キャットフードに使われるのは油ですね。

なにかしらの動物の脂も原材料によく見ます。

エネルギーのために脂質高め!

良質なタンパク質

良質なタンパク質とは、アミノ酸価が100に近いほど良質なタンパク質ということになるそうです。

肉・魚・卵など

アミノ酸スコア表

表になってる記事もあったので参考に。

アミノ酸価の数値が低いほど老廃物は多くなるそうです。

野菜や炭水化物にもタンパク質は入っているので、その辺も考慮しなければいけないんでしょうか。手作り食するには考えなきゃいけないこと多すぎですね。

アミノ酸価が低くてタンパク質量の多い食品は避けたりとか。

f:id:sorapupusakumin:20190115173521j:plain

 

最後に

腎不全とタンパク質の関係は以上のような内容です。

目に見えるものではないし、必要な量も猫によって違うと思います。

体重、食欲の有無、痩せてるのか標準体型なのかなど。運動量でも変わるんじゃないでしょうか。

一般的に出てる数値や療法食は平均的な子を考えてると思います。状況なんて猫によって違います。

うちの子には何がどれくらい必要でっていうのがすぐわかればいいのですが……その願いはどの飼い主も同じですよね。

いつか完璧とはいかなくても、猫個人にあわせた環境や食事作りができたらなぁと思います。

さくらは保護された時から腎不全でした。

さくらを我が家にお迎えしたことに後悔はありませんが、もっとちゃんと知識を持ってる方がお迎えしていたら寿命も違ったかもしれません。

そう思うと申し訳ないです。

なのでできる限りやれることはやっていきたいです。

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村